自然素材を多く取り入れた注文住宅

現場監督ブログ

東小金井S邸 新築住宅①

2016年1月16日

IMG_0184 IMG_0185 IMG_0189 IMG_0199 IMG_0234 IMG_0244 IMG_0252 IMG_0256
明けましておめでとうございます。大工の山本です。年末に上棟し大工は外内部下地に追われている真っ只中。
8所帯とオーナーさんの自宅と言う事でとにかく忙しいです。今回外壁の仕上げにはそとん壁という自然素材の
塗り壁にしオーナーさん宅は無垢材を使用する予定です。乞うご期待!!

S邸住戸併用賃貸住宅新築工事

2015年12月18日

20151215_161019_1
東京小金井で12月15日にS邸の上棟式が行われました。
写真は保坂社長とお施主様です。これから住戸併用賃貸住宅の工事に入ります。

石神井台の家 竣工  人気の吹き抜けのあるリビング 2世帯住宅

2015年12月3日

41 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 17 18 19 20 21 23 24 25 26 28 29 30 32 3233 36 39 40 41
42 43 44
こんにちは、大工の樋口です、久々の登場です!石神井台の家が竣工しました。1階は親世帯2階は子世帯。玄関は一つです。玄関に御影石を使用。艶があってピカピカしています。1階の壁は砂漆喰塗で白い壁が全体を明るい部屋にしてくれました。冬は暖かいと居心地の良さにお施主様にも喜んで頂きました。庭には桧性のウッドデッキ。前回の住まいにはなかった床暖房を入れました。建具と家具も全てオーダーメイド。2階は吹き抜けのリビングと1階と同様、床暖房、壁は砂漆喰。小屋裏収納へ上がる可動式階段はタモの集成材を使用したストリップ階段に自然塗料で仕上げています。(枠、建具全て)
外壁は火山灰を使用した外壁材で仕上げました。自然素材に囲まれた住宅が出来上がりました。

設計監理者:㈱堀川設計舎  施工:頸城建設㈱

石神井台の家 大工工事完了!

2015年10月27日

image1 image2 image3 image4 image5 image6 image7 image8 image9
壁もはり、大工工事完了です!!!家具も今回は大工工事として施工しました。天板にはタモの集成材やヒバの集成材を使用したりしています。ドアや家具、収納すべて建具やさんにつくってもらっています、これからは内装仕上げに入っていきます。

石神井台の家 断熱工事

1-1 1-2 1-3 1-4 1-6
先日お伝えしていた断熱工事の様子です。御覧の通り外壁、屋根が接する部分隙間なく充填されているのがよくわかります。素材も新聞紙なので普段使われる断熱材グラスウールと違い自然素材というのが身体によさそうです。
このシートの上からプラスターボードを貼っていきます。

 

 

石神井台の家 木製枠の取付、施工風景

① ② ③ ④ こんにちは 大工の山本です。写真は施工風景になります。建具枠、窓枠などはタモの無垢材を使用。手触りなど既製品とは比較になりません。フローリングは予算の関係上、建材メーカーのものにしました。フローリングの下に電気式床暖房を敷いています。

 




 

 

 

石神井台の家 2つの階段

2015年9月25日

image1 image2 image3 image4 image5 image6 image7 image8
こんにちは、大工の山本です。階段施工が始まりました。今回は階段板、側板をタモの集成材を使用しました。
既に養生されている方が一階から上がる階段でもう一つが二階から小屋裏収納に上がる階段です。こちらはストリップ階段になっています。太い桁は無垢のタモ材です。小屋裏収納用とはいえかなりのインパクトがあります。
枠材(窓枠、入口枠、収納枠)もタモの無垢材を使用します。階段がついたことで工事もはかどるでしょう!

浦田カウントリーハウス③

2015年9月17日

ブログ1ブログ5ブログ4ブログ2ブログ3
カウントリーハウス、完成致しました。

石神井台の家 2015.9.4 現場の様子 自然素材の断熱材

2015年9月4日

2015.9.4① 2015.9.4② 2015.9.4③ 2015.9.4④
こんにちは。大工の山本です。屋根下地工事、外部下地ベニヤ張り完了しました。サッシもある程度取付完了。これから外廻りの断熱工事のため木下地を行っています。今回の断熱材はこの現場の一番の注目工事!!
セルロースファイバー。セルロースファイバーとは新聞古紙からリサイクル生産される環境配慮型断熱材です。
様々な太さの繊維が絡み合い、空気層をつくるのはもちろん1本、1本の繊維の中にも自然の空気砲が存在しているのでそれがより一層熱や音を伝えにくくします。さらに周囲の状態に応じて水分を吸ったり吐いたりします。この吸放湿性が適度な湿度をもらして結露を防ぎます。それによって大切な建物の寿命を延ばすことにつながります。
まさに自然素材の断熱材なのです!!
この断熱材をデコスドライ工法(乾式吹き込み工法)で行います。手の届かない隅部の充填が可能で隙間から熱損失を防ぎ、抜群の断熱、調湿、防音性を実現します。
説明が長くなりましたが単なる断熱材とは違うのでこの断熱材を吹けるように木下地をしなければなりません。
(写真ではわかりにくいですが)木下地だけではなく壁に入る配線や配管もしなくてはなりません。
早く断熱できるようにがんばります!
次回は枠材(無垢材)階段を掲載します!

大工道具 のみ

2015年8月3日

DSCN0452 DSCN0453 DSCN0454 DSCN0455 DSCN0456
社長の大工道具 のみのセット

過去の記事一覧

お問い合わせはこちら03-3904-5452

このページの上部へ