自然素材を多く取り入れた注文住宅

現場監督ブログ

千年の家③ A house of hope

2016年12月6日

dsc_0048 dsc_0053 dsc_0055 dsc_0067 dsc_0070 dsc_0071 dsc_0074 dsc_0092 dsc_0096 dsc_0101 no1-1 no1-2 no1-3 no1-4 no1-5 no2-1 no2-2 no3-1 no3-2 no3-3 no3-4 no3-5 no3-6 no3-7 no3-8 no4-1 no4-2                                                            可愛い住人★むぎちゃんととろろちゃん。この子達の為に小屋裏にあがれる為の
ステップもありそして!ひなたぼっこが出来るステージ付きがあります!!
no4-3 no4-4 no4-5 no4-6 no4-7 no4-8 no5-1 no5-2 no5-3 no5-4 no5-5 no5-7 no6-1 no6-2 no6-3

こんにちは毎日暑いですね。現場は夏の暑さに負けず熱気ムンムンです。
(写真の一部は工事期間が夏でした)
建物の外部(屋根、外部の壁)の断熱は、デコスドライ工法というものです。
新聞紙を細かく砕いたものを内部の壁に押し込めていく感じです。断熱性能が最高です。
8月中旬から始まった現場、【千年の家】がようやく11月23日にお引き渡しが出来ました。
今回初となる設計士堀川氏とのコンビ!この建物は、例えるならば幼稚園児の
お母さんが作るお弁当(キャラ弁)のような建物、限られたスペースにお客様のご要望、希望がぎっしり詰まった
家、まさしくキャラ弁!園児のママは小さいお弁当にアンパンマン、プリキュア、ドラえもんなどのキャラを
色々な材料で装飾しながら作っている、子供に喜んでもらうために、そして一日を希望をもって過ごして
もらうためにママたちは一生懸命にお弁当を作るのです。まさしく今回の建物はお客様が希望することが
形になっていると思います♪
そこで僕は今回の家を A house of hope と名付けたいと思います。

2016/12/6 ようやく全ての工事(外構工事)が終了しました。
思い返せば暑い頃から始まり、終わったのは寒い季節。長く感じました。
今回の現場は僕的にはとても好きなデザインです。さすが堀川氏!!
一緒に仕事が出来、とても光栄に思います。またいつの日か一緒にお仕事が出来ればと思います。

またお施主様にはとても感謝しております。ありがとうございました。
それではこれで千年の家(A house of hope) を終了致します。

設計監理者*㈱堀川設計舎 堀川成良
施工*頸城建設㈱

お問い合わせはこちら03-3904-5452

このページの上部へ